偏頭痛の治療法

偏頭痛の治療法は

 

偏頭痛の治療は、一般的にはロキソニン、カロナール、バファリンといった鎮痛剤で治療をします。

 

治療をするといっても、頭痛を抑える鎮痛効果で対処するだけなので、その時の痛みは治まってもまた偏頭痛は起きてしまいます。

 

トリプタン製剤といわれる処方薬が偏頭痛には最も効果があるといわれていますが、、それも薬によって個人差が多いようです。

 

病院で処方される薬や市販薬は、偏頭痛が起きた時の鎮痛効果はありますが、根本的な偏頭痛の改善にはならないため、漢方やハーブを使った予防をする女性も増えてきています。

 

治療薬は副作用の心配や耐性ができるので、毎日飲む薬ではなくあくまで対処療法です。

 

偏頭痛がもうこれ以上起きないようにするためにも、偏頭痛の予防をしていくことを心がけましょう。

 

 

偏頭痛に使われる治療薬

 

アセトアミノフェン

カロナール、コカールなど

 

非ステロイド性抗炎症薬

ボルタレン、ナイキサン、ポンタールなど

 

エルゴタミン製剤

クリアミン、ジヒデルゴットなど

 

トリプタン製剤

イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ